デジタル

Power BI Desktop 折れ線グラフの使い方 / データの推移だけでなく、カテゴリ別、同月比、同日比の確認にも便利

こんにちは! にゃぶろぐです。

本記事ではPower BI Destopの 折れ線グラフの使い方について説明します。

にゃぶろぐ

データの推移だけでなく、カテゴリ別、同月比、同日比の確認にも使える!

Power BI Destopって何?という方は以下の記事を参照ください。

Power BI Desktop(無料)をダウンロード&インストールし、簡単なレポート作成をしてみた!Power BI Desktop(無料)をダウンロード&インストールし、簡単なレポート作成をしてみました。詳細な手順や、活用メリットなどを記事にしています。...

他の操作についても以下記事にまとめています。合わせてご覧ください。

Power BI Desktopの使い方まとめ / Microsoft社が提供する無料のレポート作成ツール本記事は、これまで投稿してきた「Power Automate Desktop」の使い方に関する記事のまとめです...

折れ線グラフを作ってみよう!

使用するデータ

上記のような商品ごとに販売個数、年、月が要素となっているデータを使用しています。
以下に添付しているので、ご利用ください。

折れ線グラフを作ってみる

フィールドの「年」のデータを「軸」へ、「販売個数」のデータを「値」へ設定することで、折れ線グラフが表示されるようになりました。

コチラのグラフでは、全ての商品の販売個数の年推移を表しています。

カテゴリ別(商品別)の折れ線グラフ

作成した折れ線グラフに、「商品」のデータを「凡例」へ設定します。

これで、商品別の販売個数の推移が見れるようになったことが分かります。

同月比の折れ線グラフ

作成した折れ線グラフに、「年」のデータを「凡例」へ設定します。

これで、年毎の同月比を確認することができます。

一点注意点としては、「軸」に設定している「月」データの型を数値にしておく必要があります。
文字列形式にしていると、軸が昇順に並ばないケースがあります。

余談にはなりますが、スライサーを合わせて活用すると、商品ごとの同月比も確認することができるので、便利ですね。

スライサーとは?と言う方は以下記事をご覧ください。

Power BI Desktop スライサーの使い方/複数のデータ抽出条件の選択を簡単に!Power BI Desktop スライサーの使い方について説明しています。視覚的にも分かりやすいUIになっている複数のデータ抽出に役立つ機能です。...

まとめ

凡例を活用すると、もっと便利に!

折れ線グラフの使い方についてでした。
いかがでしたでしょうか?

折れ線グラフを活用する時は、データ推移を見たい時だと思いますが、凡例を活用することでより、活用の幅が広がります。

Excelでも同様のことグラフを表示することは可能ですが、UIが少々分かりにくい仕様になっております。

その点、Power BI Desktopでは、データをドラッグ&ドロップするだけなので、非常に操作も簡単で、視覚的にも分かりやすいですね。

今後も、自らの経験を元に、Power BI Desktopの活用方法についてお伝えできればと思います。

以上、参考になれば幸いです。

読んでいただき、ありがとうございました!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
nyablog(にゃぶろぐ)のTwitter

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA