デジタル

Power BI Desktop ドリルダウンの使い方/データの集計レベルを1つずつ掘り下げてグラフ・表を見て行こう!

こんにちは! にゃぶろぐです。

本記事ではPower BI Destopの「ドリルダウン」について説明します。

にゃぶろぐ

階層になったデータを掘り下げて詳細表示する機能やで!

Power BI Destopって何?という方は以下の記事を参照ください。
また、本記事内で使っているデータは、以下記事で取り込んだExcelデータになります。

Power BI Desktop(無料)をダウンロード&インストールし、簡単なレポート作成をしてみた!Power BI Desktop(無料)をダウンロード&インストールし、簡単なレポート作成をしてみました。詳細な手順や、活用メリットなどを記事にしています。...

他の操作についても以下記事にまとめています。合わせてご覧ください。

Power BI Desktopの使い方まとめ / Microsoft社が提供する無料のレポート作成ツール本記事は、これまで投稿してきた「Power Automate Desktop」の使い方に関する記事のまとめです...

ドリルダウン

ドリルダウンとは?

一言でいうと、階層になったデータを掘り下げて詳細表示する機能です。

簡単な例で、もう少し詳しく説明します。

都道府県飲食店数
大阪府47502
京都府12920
兵庫県27547

たとえば、上記のように都道府県毎のデータがあったとします。

市区町村飲食店数
京都市9115
宇治市572
舞鶴市517
福知山市388
長岡京市259

仮に、この都道府県の中から、「京都府」を選択すると、更に細かい粒度(市区町村)でデータを確認することができます。

このようにデータを一つ一つ掘り下げて見ていくことをドリルダウンと言います。

Power BI Desktopでドリルダウンしてみよう!

グラフでドリルダウン

都道府県ごとのデータを棒グラフにしたものを準備します。
この際に、軸には都道府県・市区町村が階層になるように並べて値を設定します。

↓↓を選択します。

すると、軸が市区町村ごとのデータに切り替わりました。
ちなみに↑を選択すると、元の都道府県ごとのデータに戻ることができます。

もう一例見てみましょう。

都道府県ごとの表示に戻し、↓ボタンを選択し、大阪府を選択してみましょう。

すると、軸が大阪府のみの市区町村ごとのデータに切り替わりました。

表(マトリックス)でドリルダウン

都道府県ごとのデータを表(マトリックス)にしたものを準備します。
この際に、行には都道府県・市区町村が階層になるように並べて値を設定します。

↓↓を選択します。

すると、行が市区町村ごとのデータに切り替わりました。
グラフの時と同じく↑を選択すると、元の都道府県ごとのデータに戻ることができます。

もう一例見てみましょう。

都道府県ごとの表示に戻し、↓ボタンを選択し、京都府を選択してみましょう。

すると、行が京都府のみの市区町村ごとのデータに切り替わりました。

まとめ

データを掘り下げて確認するのに便利

ドリルダウンについてでした。
いかがでしたでしょうか。

グラフの軸や、表の行に階層的に項目を並べるだけで、データを掘り下げて確認することができるようになりました。

本当に簡単な手順ですので、データを掘り下げて確認したい方は、是非試してみてください!

以上、参考になれば幸いです。

読んでいただき、ありがとうございました!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
nyablog(にゃぶろぐ)のTwitter

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA