日本酒

【日本酒】東山酒造 「魯山人 ひやおろし」を飲んでみた!

こんにちは! にゃぶろぐです。

日ごろから、日本酒での晩酌を習慣にしています。

京都に住んでいるので、伏見のお気に入りのお店で日本酒を定期的に購入しています。

今回紹介するのは、東山酒造さんの「魯山人 ひやおろし」です。

にゃぶろぐ

秋の風物詩、ひやおろし!
だが、フルーティーな味わい!

魯山人 ひやおろし

魯山人 ひやおろし

基本情報

原材料名:米(国産)・米麹(国産米)

原料米:京都府産「祝」 100%

精米歩合:60%

アルコール度数:15度

価格:1,700円程度(720ml)※店舗によって価格の違いあり。

HP:https://higashiyamasake.com/

この日本酒の名前になっている「魯山人」とは、北大路魯山人という陶芸家、書道家、美食家など、さまざまな顔を持つ有名な芸術家のことです。
彼が生み出した作品のように、濃密な個性を輝かせた日本酒なのだそう。

また、水は伏見の銘水「伏水」、米も昭和の米「祝」と、素材にもこだわっていそうですね。

今回購入したのは、この「魯山人」の「ひやおろし」になります。

ひやおろしとは?
日本酒は冬に醸造されて絞られたあと、劣化を防ぐために二度「火入れ」と呼ばれる加熱処理が行われますが、「ひやおろし」とは、この二度目の「火入れ」を行わず、一度だけ「火入れ」を行い卸される日本酒のことを指します。
「ひやおろし」は一度火入れを加えた後に、貯蔵庫で夏のあいだ寝かせることでお酒が熟成されます。そうすることで、絞りたての粗さが取れ、味わいにまろやかな丸みが出て、味わい深さとを楽しめると言われています。
夏に寝かせるため、秋の季節商品になるのですね!

↓ラベルは以下の通り。

魯山人 ひやおろし
魯山人 ひやおろし

購入場所

伏見の全蔵元18社のお酒が選べる「油長」さんで購入。

一部お試し(有料)で飲むことも可能です。

油長さんHPリンク

↓インターネットからの購入することも可能です。(ただし、ひやおろしでは無いようです。)
以下ホームページより「オンラインショップ」のリンクを辿ってみてください。
東山酒造ホームページ

「魯山人 ひやおろし」を飲んでみた感想

酒

ひやおろしだが、フルーティー!

「魯山人 ひやおろし」を飲んだ感想。

  • フルーティーな香りと味わい。
  • 癖がなく、後味はスッキリ。
    食中酒としても活用できそう。
  • 個人的には、冷やして飲んだ方が好み。

「ひやおろし」と聞くと、熟成された日本酒で、温めてじっくり飲んだ方が美味しいのかなというイメージがあったのですが、この魯山人は、フルーティーですっきり飲める日本酒でした。

いろいろなバリエーションが日本酒にはあるのですね、奥が深い。。
またいろいろ飲んでみたいと思います。

以上、参考になれば幸いです。

読んでいただき、ありがとうございました!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
nyablog(にゃぶろぐ)のTwitter

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA