デジタル

Power Automate Desktop Excel操作の使い方

こんにちは! にゃぶろぐです。

本記事ではPower Automate Desktopを使ったExcel操作の自動化方法について紹介します。

にゃぶろぐ

データのコピー&ペースト作業などに活用できて便利です。

「Power Automate Desktop」って何?という方は以下の記事を参照ください。

Power Automate DesktopでWindows10での作業を自動化する(無料)2021年3月3日よりWindows10上で「Power Automate Desktop」というPC作業を自動化するツールを無料で使うことができるようになりました。本記事では、「Power Automate Desktop」を使うメリットとインストール手順を紹介します。...

他の操作についても以下記事にまとめています。あわせてご覧ください。

Power Automate Desktopの使い方まとめPower Automate Desktopの使い方をまとめた記事です。PC作業を自動化する上で、非常に有用なツールですので、是非活用してみてください。...

Excel操作の自動化

Excel機能の使い方

以下の使い方について紹介します。

  • Excelの起動
  • アクティブシートの切り替え
  • セルコピー(変数保存)
  • セルへの書き込み(変数書き込み)
  • Excelシートの保存

今回紹介しているのは、上記の赤枠のExcel操作に関する操作になります。

Excelの起動

Excelの起動設定を行います。

「Excelの起動」を選択すると、上記のようなウインドウが起動します。

各設定の説明は以下の通りです。

項目説明
Excelの起動新規にExcelを起動する or 既存のExcelを起動するかを選択
ドキュメントパス起動するExcelのパスを指定
インスタンスを表示するExcel起動時にウインドウを表示する or 表示しないの設定
読み取り専用として開く読み取り専用で開くかどうかの設定
パスワードパスワード付のExcelの場合、入力が必要
アドインとマクロの読み込みアドインとマクロの読み込み有無設定
生成された変数開いたエクセルの変数名
※一つしか開かない場合は変更する必要はない。

これらの設定を行うことで、Excelを自動で起動するタスクを作成することができます。
上記画像は、あらかじめ用意しておいたExcelを開くタスクです。

アクティブシートの切り替え

アクティブにしたいシートの設定を行います。

「アクティブなExcelワークシートの設定」を選択すると、上記のようなウインドウが起動します。

各設定の説明は以下の通りです。

項目説明
Excelインスタンス「Excelの起動」で作成したインスタンスを指定
※基本的にデフォルトの設定でOK
次と共にワークシートをアクティブ化切り替えるシートを「名前」or 「インデックス」のどちらで指定するかを選択
※「インデックス」は分かりにくいので「名前」で良いでしょう。
ワークシート名アクティブにしたいワークシート名を設定

これらの設定を行うことで、アクティブなシートを切り替えるタスクを作成することができます。

上記画像は「名前」でアクティブにするワークシート名を指定しています。

セルコピー(変数保存)

指定したセルをコピーします。

「Excelワークシートから読み取り」を選択すると、上記のようなウィンドウが起動します。

各設定の説明は以下の通りです。
※単一セルで取得する場合

項目説明
Excelインスタンス「Excelの起動」で作成したインスタンスを指定
※基本的にデフォルトの設定でOK
取得単一セル or セル範囲 or 選択セル、いずれの方法でセルコピーを行うのか選択
先頭列コピーするセルの列を指定
先頭行コピーするセルの行を指定
生成された変数コピーした文字列を保存する変数名を指定
※C3セルをコピーしたいので「C3」という名前にしています。

これらの設定を行うことで、セルコピータスクを作成することができます。

「C3」という変数にC3セルの文字列を代入しているイメージです。

上記画像は単一セルのコピーを例にしていますが、範囲選択なども同じ要領でできると思います。

セルへの書き込み(変数書き込み)

セルへの書き込みを行います。
今回は、コピーしたセルの文字列を書き込むタスクを作成します。

「Excelワークシートに書き込み」を選択すると、上記のようなウィンドウが起動します。

各設定の説明は以下の通りです。

項目説明
Excelインスタンス「Excelの起動」で作成したインスタンスを指定
※基本的にデフォルトの設定でOK
書き込む値書き込む文字列を指定
※今回はコピーした文字列の変数を指定。
 %で囲むことで変数指定になります。
 普通に文字列を打ち込むとその文字列が書き込まれます。
書き込みモード現在フォーカスされているセル or 指定したセルのどちらに書き込むかを設定
書き込むセルの列を指定
書き込むセルの行を指定

これらの設定を行うことで、セルへの書き込みタスクを作成することができます。

上記画像はC3セルへ書き込むタスクを作成しています。

Excelシートの保存

編集したExcelを保存します。

「Excelワークシートに書き込み」を選択すると、上記のようなウィンドウが起動します。

各設定の説明は以下の通りです。

項目説明
Excelインスタンス「Excelの起動」で作成したインスタンスを指定
※基本的にデフォルトの設定でOK
保存モードドキュメントを保存 or 名前を付けてドキュメントを保存を選択
※「名前を付けて…」の場合は、格納先や拡張子の指定が必要

これらの設定を行うことで、Excel保存のタスクを作成することができます。

上記画像は、ドキュメントを上書き保存するだけのタスクを作成しています。

Excel操作の実装例

タスクフロー作成

2つのExcelシート「シート1」「シート2」を用意し、「シート1」の”メロン”と”いちご”の文字列を「シート2」にコピーするタスクフローを作成します。

シート1
シート2

作成したタスクフローの内容は以下の通り。

No.タスクフロー名内容
1Excelの起動ダウンロードフォルダに格納しているExcelを起動
2アクティブなExcelワークシートの設定「シート1」にシートを切り替え
3Excelワークシートから読み取り変数「C3」に「シート1」のC3セルの内容を保存
4Excelワークシートから読み取り変数「C5」に「シート1」のC5セルの内容を保存
5アクティブなExcelワークシートの設定「シート2」にシートを切り替え
6Excelワークシートに書き込み変数「C3」を「シート2」のC3セルに書き込み
7Excelワークシートに書き込み変数「C5」を「シート2」のC4セルに書き込み
8Excelの保存編集したExcelを保存

実際に作成したタスクフローは以下の通りです。

作成したタスクフロー

タスクフロー実行

作成したタスクフローを実行してみましょう。

タスクフロー実行後のシート2

「シート1」の文字列”メロン”と”いちご”が「シート2」にコピーされました。

変数に入力されている値

タスクフローを実行すると、変数に何が代入されているかを目視することができます。

今回は、「C3」に”メロン”、「C5」に”いちご”が代入されていることが分かりますね。

まとめ

変数を使いこなそう!

Power Automate Desktopを使ったExcel操作の自動化方法について紹介しました。
いかがでしたでしょうか?

Excel操作に関わらず、今回活用した「変数」の概念が、PC作業を自動化する上で重要になってきます。
今回はExcelシート間でのコピー&ペーストを例にしましたが、Excelと他のツール間でのやり取りも「変数」を使って行うことができます。

にゃぶろぐ

「変数」を使いこなして、どんどんPC作業を自動化していこう!

今後、他の使い方についても記事で紹介していきたいと思います。

以上。参考になれば幸いです。

読んでいただき、ありがとうございました!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
nyablog(にゃぶろぐ)のTwitter

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA