雑記

créer(クレエ) 自転車カバーを購入して使ってみた【破れない・風で飛ばない】

créer(クレエ) 自転車カバー

こんにちは! にゃぶろぐです。

最近購入して良かったな~、というものがありましたので、本記事で紹介したいと思います。

それは・・・

créer(クレエ) 自転車カバー

です!

結論から言うと、使ってみて品質、お値段ともに良かったです!

自分の愛する自転車を長く乗るために、自転車カバーを付けている方も多いのではないでしょうか。
自転車カバーの購入を検討している方の参考になれば幸いです。

にゃぶろぐ

コスパの良い、丈夫な自転車カバー!

なぜ自転車カバーが必要なのか?

なぜ自転車カバーが必要なのか?

理由は以下の通り。

  • 雨風を防いで、自転車のサビを防止する。
  • 花粉・黄砂などの汚れから守る。
    (春になるとサドルなどが黄色くなってませんか?)
  • 紫外線による「サドル・タイヤ・樹脂パーツ」の劣化を防止する。

自転車に長く乗りたい場合は、自転車カバーを付けておいた方が良いってことですね。

créer(クレエ) 自転車カバー

商品内容

créer(クレエ) 自転車カバー

商品スペックは以下の通り。

項目内容
サイズ(大人用)約200㎝×110cm×70cm
自転車インチ数(大人用)20~29インチ
生地210Dオックスフォード生地(UV加工)

※オックスフォード生地とは?
 たて糸・よこ糸を2本ずつ引きそろえて、平織りにした生地。
 要するにテントなどにも使われている丈夫な生地ということ。
付属品カバーを収納する袋が付いている。

↓価格は各サイトによってさまざまです。
 比較して安いものを見つけるのが良いでしょう。

メリット(他の商品との違い)

実際に使ってみてメリット(他の商品と比べて良かった)と感じたのは、以下3点です。

  • 丈夫で破れにくい
  • 風で飛ばない
  • カバーをかけやすい

順に説明します。

丈夫で破れにくい

以前はホームセンターで購入した同価格帯の自転車カバーを利用していたのですが、強風が吹いた時や、自転車カバーをかける時に、簡単に生地が破れてしまいました。

オックスフォード生地の効果?なのかは分からないのですが、丈夫で破れにくいです。

風で飛ばない

前後にストッパーを付けられるので、風でカバーが飛んでいく心配もありません。

créer(クレエ) 自転車カバー

↑前ストッパー。
私は利用していないのですが、上記穴にリング状の鍵を通し、タイヤに絡ませることで、風で飛んでいくことを防止できます。

créer(クレエ) 自転車カバー

↑後ろストッパー。
ワンタッチで接続できるストッパーを後輪に絡ませることでも、風でカバーが飛んでいくことを防止できます。

ちなみに、私は前も後ろもストッパーを利用していません。
カバーが自転車全体をスッポリと覆っていて、前輪、後輪部分もある程度ゴムで締め付けがされているので、ストッパーをしていなくても、カバーが風で飛ぶことは今のところありません。

ストッパーは、念のための対策と、盗難防止にも良さそうですね。

カバーをかけやすい

写真のカバーをかけている自転車は27インチなのですが、余裕でスッポリ被せることができます。

デメリット

これといってデメリット(悪い点)は見当たりませんでした。
強いて言うなら、風で飛ばないようにするためのストッパーを付けはずしするのが面倒なぐらいでしょうか。

まとめ

créer(クレエ) 自転車カバー

コスパの良い、丈夫な自転車カバー!

créer(クレエ)の自転車カバーについて紹介しました。
いかがでしたでしょうか。

以前はホームセンターで購入した同価格帯の自転車カバーを利用していたのですが、全く違う高品質に大満足しています。

楽天の「プロテクターランキング」でも一位になったことがあるようですね。
人気商品なのも納得です。

自転車カバーの購入を検討している方は、候補の一つとして検討してみてください。

以上、参考になれば幸いです。

読んでいただき、ありがとうございました!

にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村
nyablog(にゃぶろぐ)のTwitter

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA